作業療法について

 

目的

 症状安定に向けての援助 活動を通じて気分転換、欲求充足を行い、情動の不安さや思考、行動のまとまりのなさを調整するとともに、健康な機能を回復します。
 対人関係の改善 患者さんのこころの葛藤を理解し、スタッフとの関係をもとに、他者とより良く交流していけるような体験の場を作ります。
 基本的な日常生活への援助 病気のために不規則になった生活の修正をはかり、必要な生活技術の獲得をめざします。
 社会生活への援助 主体的な生活を目指し、より良い社会生活が営めるよう援助を行います。

 

作業療法の実際

  • 馴染みのある、または、興味のある簡単な活動を通し自分の気持ちを表現し、気分の発散をはかります。
  • 道具や材料を扱ったり、活動したり、作品を作ったりすることで自分の能力や限界、または自信をつけていただきます。
  • 患者さん個人との関係や共同活動を通した集団での他者との関係において、他者に認められたり、他者を支えたりすることで、集団における所属感を育成したり、自分の存在を確認したりします。
  • 金銭管理、家事、健康管理などの指導、相談を行います。
  • 自分の気持ちの伝え方など、他者との対応の仕方を練習します。
  • 活動の中で、身体を動かし時間をつかうことにより、生活の維持・改善を行います。
  • 趣味や余暇活動を育成することで社会性を養います。
  • 就労にむけての相談、指導を行います。
  • 家族などに対し、相談・助言・協力依頼等の調整を行います。